Fireworksの魅力 | CREATE RECORD|blog

Fireworksの魅力

僕はホームページをデザインするのにFireworksを愛用しています。
webデザイナーになりたての頃はPhotoshopでデザインしていましたが、
Fireworksの早さを知ってからはクライアントの指定が無いかぎり、Fireworksを使います。
最大の理由はスライスの取り回しの良さです。
もしデザインだけで作業が完結するのならIllustrator&Photoshopでデザインしますが、
ホームページの場合その先にコーディングがありますので、Fireworksのスライスの取り回しの良さは
すごく魅力的です。

でも、Fireworksの魅力はそれだけじゃありません。
他にもデザインするのに便利な機能が沢山あります。
僕的に外せないFireworksの便利機能をご紹介します。ちなみにバージョンはCS6のMacです。

1.選択したオブジェクトのサイズを変更

選択したオブジェクトを1px,10px単位で拡大縮小できます。拡大縮小ツールでは出来ない微調整が可能です。
メニューバーの「コマンド>選択したオブジェクトのサイズを変更」で実行できます。
僕はこれを⌘+Mでショートカットに設定しています。Fireworksでデザインしていて、まず使わない事は無いです。と言うぐらい頻繁に使う便利機能です。

2.属性コピー

属性コピーも使用頻度の高い機能です。オブジェクト(フォント含む)にかかっている
エフェクトや塗り、グラデーション、ボーダー等オブジェクトの情報をコピーします。
流石に矩形にフォント情報はコピーされませんがフォントからもエフェクトや塗り、グラデ、ボーダー等は
コピーで来ちゃいます。
やり方もシンプルで、コピー元のオブジェクトを選択しcommand(ctrl)+cでコピーして
コピー先のオブジェクトを選択しcommand(ctrl)+shift+alt+vでペーストするだけです。

3.シンボルに変換

jpg等の画像をFireworksで取り扱うとき、元のサイズから縮小したものを元のサイズに拡大すると
画像が荒れてしまいます。
ですがシンボルに変換しておけば、劣化せずに画像が扱えます。
シンボルに変換する画像を選択して、F8で種類はグラフィックで変換できます。
ただ無尽蔵にシンボル化するとファイルが重くなるので、とりあえずシンボルにしとく
といった事は避けたほうがいいでしょう。