Fireworksでショートカットキーに設定したほうがいいやつ | CREATE RECORD|blog

Fireworksでショートカットキーに設定したほうがいいやつ

今日もFireworksについてです。
アプリケーションにはユーザー独自にショートカットキーが登録できるものがありますが、Fireworksにも、もちろんあります。

これは設定しておいたほうがいいだろうって僕のおすすめを紹介します。

1.選択したオブジェクトのサイズを変更

以前の記事でもご紹介しましたが、あらためてここでも
コマンド>選択したオブジェクトのサイズを変更です。
僕はcommand+mで設定しています。

2.マスクとしてグループ化

変更>マスク>マスクとしてグループ化
Fireworksでデザインするならこのショートカットも必須です。
Fireworksは白いオブジェクトで透過の無いマスクがかけれて黒いオブジェクトで透過のマスクがかけれます。
フェイドアウトするようにマスクをかけるなら白→黒のグラデーションののマスクをかければOKです。
矩形ツールで簡単にマスク出来ちゃいますので、このショートカットは是非!
僕はcommand+/で設定しています。

3.水平方向に反転&垂直方向に反転

変更>変形>水平方向に反転
変更>変形>垂直方向に反転
反転もやっぱり良く使います。
僕は水平をcommand+[
垂直をcommand+]に設定しています。

FireworksはPhotoshopのアクションのようにヒストリーをつかって簡単にオリジナルコマンドも作成できますので
それに対しても僕は結構ショートカットキーを割り当てています。
ベベルっぽいドロップシャドーとか二重に枠が設定できるとか写真のエフェクトとか
最初の設定は面倒ですが、設定するとかなりの効率アップになります!
多い時は年間100サイト以上デザインしますので、この辺の効率化は地味に役立ちます。