BLOG

【解決】Macを移行したらSublimeText2でsassがbuildできなくなった!

Macを移行したらSublimeText2でsassがbuildできなくなりました。ターミナルからのcompass wでは正常に動作していたのでSublimeText側の問題です。

Compassのパスが通っていない

以下のパスにある

/Users/自分のユーザー名/Library/ApplicationSupport/SublimeText2/Packages/Compass/Compass.sublime-build Compass.sublime-buildに 以下を追記

全体だとこんな感じ

日本語エラーの解消

大体の場合ファイルの先頭に

を記述すれば大丈夫みたいなのですが、僕の場合インポートされる側のファイルでコーディングすることが多いので、この方法では解決にいたりませんでした。

config.rbに以下を追加したら今までどおりちゃんとビルドできました。

sassは便利なのですが、コンパイル後サーバーにファイルをアップするのがひと手間でそれをSublimeText+SFTPで解消していたのでビルドできるようになって一安心です。

MW WP Formが確認画面に遷移しない時に解決した方法

当サイトでもメールフォームにはMW WP Formを使わせていただいています。 MW WP Formはデフォルトで確認画面のある日本人が制作したナイスなWordPressプラグインです。

ところがいつのバージョンアップからか確認画面に遷移せずにメールが送信されていることに気付きました。

とりあえず検証のためにプラグインを全てオフにして再テストするも解消されなかったので、次に関連するjsを全て削除すると確認画面に遷移しました。

初期値入力やリアルタイムでのバリデーションをjsで行っていたので、そこの記述が問題なのかなぁ〜とそこの記述のみ削除するとまた、確認画面に遷移せず。

なんだかんだ検証し、やっと原因を特定できました。

submitのvalue値をjsなどで空にすると確認画面に遷移しなくなる

どうやらsubmitのvalue値をjsなどで空にすると確認画面に遷移しなるようです。該当のサイトはボタン系を画像で表現したかったのでvalue値をjsで削除してたのが原因です。

その他に特定のブラウザで確認画面に遷移しない症状がおきていたのも初期値の入力クリアをinputタグ全体を指定していたのをinput[type=text]に修正して解消。

設置したときは問題なく動作していたのですが、いつからかのアップデートからそのうような症状になっていました。

WordPressのアップデートかプラグインのアップデートでそうなったかは不明ですがマニュアルにない使い方をするときはアップデートに慎重にならなくてはいけませんね!ってのが教訓です。

カスタムフィールドも検索に含めるプラグインSearch Everything optionsを導入してみた

WordPressの検索でカスタムフィールドの項目も含めたかったのでSearch Everything optionsを使ってみました。

インストールは管理画面からプラグイン>新規追加>Search Everything optionsで検索して今すぐインストールの後プラグインを有効化して完了です。

headに出力されるCSSとバージョン情報を削除

headにスタイルが読み込まれjsでバージョン情報が出力されていたのでfunctions.phpに下記を記述して削除

影響が出ないように設定>Search Everythingから「検索キーワードをハイライト」項目のチェックを外しました。

Sponsored Links