BLOG

MacでBase64エンコーディングにBase64Anywhereをつかってみた

最近はIE8以下をガン無視できる案件もチラホラ出てまいりましたので、Base64導入を検討しています。画像をBase64にエンコードしてHTMLに埋め込むとその画像を読みに行くプロセスが省略できますので、サイト高速化に貢献できることが期待できます。

App StoreからBase64Anywhereをインストール

最初はエンコードのサービスを使っていたんだけど毎回になると面倒だし、ある日突然URLが無くなると困るのでエンコード用のアプリを入れることにしました。最初は「Smart Base64」ってアプリをインストールしようと思ったのですが、Mavericksには対応していないみたいで、「Base64Anywhere」をインストールしました。ちょっとリアルなカメアイコンが今っぽくないですが、シンプルな使い勝手で結果よかったです。まぁ最悪アイコンは自作できますしね!

Base64Anywhereの使い方

使い方は非常に簡単まず上のエリアに画像をドロップして

形式を選択してコピーをクリックすればOKです。等倍ではありませんがプレビューも出ます。

Base64を埋め込んだHTMLはわりとカオスなソースになるので、すぐに納品物には使えなさそうな予感ですが自社サービスや個人サイトはちょっとずつ導入していく予定です。

WordPressのユーザーの権限管理はUser Role Editorで

複数ユーザーでWordPressサイトを管理する時、デフォルトのユーザー権限だけではかゆい所に手が届かない場合があります。そんな時に便利なのが「User Role Editor」です。

User Role Editorはユーザー権限を増やすことができる

User Role Editorは既存のユーザー権限を編集するだけでなく新しくユーザー権限を作ることができます。

User Role Editorの日本語化

以下からURL「ure-ja.mo」ファイルをダウンロードし
WordPressのディレクトリ/wp-content/plugins/user-role-editor/lang/
にダウンロードしてきた「ure-ja.mo」ファイルをアプロードすればOKです。バージョン4.2の翻訳ファイルみたいですが現行4.19.1で問題無く動作します。

http://plugins.svn.wordpress.org/user-role-editor/tags/4.2/lang/

ユーザー>User Role Editorから設定

メニューの設定にもUser Role Editorとあるのでよく間違えるんですが、ユーザー>User Role Editorから権限を設定します。 「各権限を概説で表示する」にチェックを入れると日本語になります。 右側にあるメニューの「Add Role」をクリックする権限を追加できます。

各項目を入力し、設定します。IDに全角はつかえません。

後は各項目にチェックを入れ保存で完了です。頻繁に使わないので都度調べてましたが、効率が悪いので忘備録的として書き記しました。

特定の要素を除いてターゲットblankを削除

スマホでの外部リンクのblankを解除したくて.removeAttrを用いてa要素のtarget属性を削除したのですが、Twitterで拡散する時に変な挙動になってしまったので.notを用いて特定の要素を除外します。

これで.social-btnのa要素からtarget属性が削除されなくなったので、想定の動きにもどりました。

Sponsored Links